旧猪股邸住宅
c0056475_12104788.jpg
お天気のよいG.W.後半のある日、実家に帰る途中、成城5丁目にある旧猪股邸へ立ち寄りました。
小田急線 成城学園の駅から徒歩5,6分の住宅街にあります。
この住宅は現代数奇屋建築の巨匠、吉田 五十八(よしだ いそや)設計の木造平屋建て。
施工はこれまた有名な水澤工務店が行ない、昭和42年8月に竣工。

敷地はなんと600坪!建物の面積は100坪!!というなんとも贅沢なお宅。
H10年にご家族が世田谷区へ寄贈され、現在は一般に公開されています。(しかも無料!)

案内の方の説明によると、ご主人である猪股氏は今でいうところの経営コンサルティング会社を始め、
会社がみるみる大きくなり、60歳にして隠居をする場所としてこの家を建てられたそうです。
この敷地600坪の邸宅にご夫妻、お手伝いの方、庭師など4人で暮らしていたのだとか。

c0056475_12112141.jpg
大小のお茶室と中庭が2つ。そして20畳の居間からまるで絵画を観るように広がる庭。
この居間はお茶を楽しみにいらしたお客様方が茶室に向かう前にくつろぐサロンとして使われて
いたそうです。

c0056475_12203314.jpg                                                                 

                                                          手入れの行き届いた広い庭には40種類以上の草木が植えられており、常にお花が楽しめるようです。
もみじも多く植えられており、きっと紅葉の時期もきれいなんだろうなぁ
雪見障子からみる銀世界のお庭もきっと・・・
季節が変わる毎に訪れたい素敵な場所です。


余談ですが、高校の頃くらいから成城に行くと必ずといっていいほど所ジョージさんに遭遇します(笑)
この日もクラッシックなオープンカーでカッコよく成城の街を走っていました。
[PR]
by koganechang | 2007-05-12 12:12 | architecture
<< 旧SAVOY 旧イタリア大使館夏季別荘 >>