だるま市
c0056475_1403254.jpg
土曜日の夜から実家に帰り、だるま市へ。
このだるま市、歴史があり、かなり有名で、遠方からもたくさんの人たちがやってくるので駅や周辺では
厳重に交通整備がしかれるほどの賑わい。
毎年 1月28日と開催日が決まっているため、ここ数年は平日開催が続き
なかなか足を運べませんでしたが、今年は何年に一度かの日曜日にぶつかった、貴重な年なのです。

当日の朝、8時頃になるとバンバンと花火が打ち上げられ、それが開催の合図。
わたしはこのだるま市が子供の頃から大好きで、毎年楽しみにしていました。
今ではわかりませんが、当時、このあたりの小学校は平日にだるま市が開催されるときは
午前中で授業は終わり!
急いで家に帰り、ワクワクしながら友達と向かった思い出があります。
オットも地元のはずなのですが、なぜか行った事がないらしく、かなりこの日を楽しみにしていました。

c0056475_14155869.jpg


普段は静かな住宅街の本殿までの
狭い坂道に隙間なく屋台が広がります。
植木、竹細工、七味、帽子、蟹、ワカメ、
たこ焼き、リンゴ飴、ハッカパイプ・・・
歩くのがやっとなほどの人出にだるま市
初体験のオットも驚いておりました。




c0056475_14183714.jpg
本殿周辺ではものすごい数のだるまがお出迎え。
お店ごとに微妙に表情が違うのでじっくりと選びます。
ヒゲのあるだるまや女性っぽい表情のだるまも
ありました。
だるまを買うと威勢良く
「家内安全、商売繁盛、ヨヨヨイ!ヨヨヨイ!ヨヨヨイヨイ!」
と、火打ちをしてくれます。

c0056475_14195631.jpg
次ははたして何年後に行けるのか?!    
[PR]
# by koganechang | 2007-01-28 23:20 | 日々の出来事
狛江と下北沢
オットの学生時代の友人が、吹奏楽団の定期公演で演奏するとのことで、狛江に行って参りました。
わたしも彼とは何度もお会いしていて、多分、自分の知り合いの中で
”KING OF お坊ちゃま”
でありながら、天然にかもし出されるおもしろさ、人間の大きさの魅力にすっかりハマっており、
彼の大ファンのわたしは、この日を楽しみにしていたのでした。

最近、、”のだめ” を観たり読んだりしているため、ヘンなところで専門知識が付いており
ちょっと彼を驚かしてみようと

「やっぱ、リードは自分で削ってるの?水にはどれくらい浸した?」

と、質問してみたところ、目を丸くして「いい質問だね~」と予想通りの反応をしてくれました! ヒヒッ
ちなみに答えは、削るのにはかなりのテクニックが必要なので、既製品を買っているそうです。

きちんとした、しかもたっぷり2時間。なんと入場無料の定期演奏会。
前半のオーソドックスな曲から、後半は衣装を着替えての楽しい演奏。
かなり楽しませていただきました。

アンコールが予想外に2曲もあったので、血相を変えて武道館に消えていった一人を除き、
主役の彼を囲んで、しばらく雑談した後、下北沢へ。

本当は隅々までブラブラしたかったのですが、あまり時間もなくお腹もすいていたので、久々に
わたしとオット一押しの、カウンターだけで5人も座れば満席のラーメン屋に足を運ぶも
経営者が代わってしまったのか、お店の名前も雰囲気も変わっていてショックを受けてしまいました。
ラーメンを諦め、10代の頃から食べに行っている定食屋さんへ。
こちらは健在で一安心。
ここ最近、学生時代から通っていた下北の定食屋、パスタ屋、ラーメン屋が次々と新しいお店に
姿を変えてしまっているので、なんだかさみしいなぁ。
[PR]
# by koganechang | 2007-01-21 23:57 | 日々の出来事
玄関マット

c0056475_2234011.jpg
引越してから早3年。
我が家には玄関マットがありませんでした。
近所にお洒落で素敵なオーナーの方が、自分の気に入った作家の陶器やガラス、和の小物や
アジア系の生地などをセレクトしておいているお店があり、ふらりと立ち寄ってはちょこちょこと
買い物をしているのですが、そこでこのマットを発見。
『GABBEH』(ギャッペ)という Made in IRAN のマット。
イランの遊牧民の絨毯だそうです。
手作りのため、ひとつひとつ色合い、風合い、サイズがバラバラだとか。
一応、タグに手書きで D×W が表示されていたのですが、アテにならない! とメジャーで
しっかり計ってくれました(笑)
そんな気ままなサイズが我が家の狭い玄関のサイズにピッタリ!

なじみのある 『KILIM』(キリム)と違って、毛足が長くふんわりしていて手触りがとてもよいのです。
不思議と夏でもベタッとしないそうなので、オールシーズン活躍してくれるかな。
[PR]
# by koganechang | 2007-01-17 22:34 | 愛しいものたち
吉村順三ギャラリー
c0056475_2136271.jpg
            始めに造形があるのではなく、始めに人間の生活がある  吉村順三

少し前まではあまり、というかほとんど縁のなかった目白。
最近、縁ができて?か、昨年末から今年にかけてもう5,6回は目白に通っているような気がします。
今日の目的は、ずいぶん前から行きたかったものの、しばらく休館していた 吉村順三ギャラリー
昨年、前を通りかかったときは休館中と知りながら、近くまで来たので場所の確認をし、
入り口で記念撮影だけして帰りましたが(笑)、現在は土日のみ2ヶ月ごとに内容が変わる展示を
行っています。

c0056475_21395582.jpg今月末までの展示は 『南台の家』。
吉村氏の自邸です。
わたしは素人ですが、小さい頃から
”主”が暮らしている
生活観ある家を見るのは大好き。
最近ではオットのいい影響もあり、
素人なりにいろいろ楽しんでいます。
ことに、”建築家の自邸”
興味深々。
まさに建築家の個性や腕が試される家
ですものね。


吉村設計事務所のOBの方たちが常時いらして、気さくに質問や設計当時の苦労話、エピソード、
吉村氏との思い出話などを聞かせてくれます。
吉村氏のお子様(おば様ですが)もいらっしゃいました!

戦後まもなく建売で購入したこの 『南台の家』 は7回もの増改築を繰り返し、
家族と自分の住みやすさと心地よさ、そして合理性を追求した家なのです。

c0056475_21531258.jpg








展示を行なっているこのギャラリーは
元吉村設計事務所。
ここでお客様と打合せを行なっていた
そうです。
2,3段下がっているので、落ち着きます。

たためる椅子”欲しい。。。
実際、何度もたたんできました。





      知り合いの美味しいコーヒーとケーキのお店もあり、しばらく目白通いが続きそうです。
[PR]
# by koganechang | 2007-01-14 23:50 | architecture
Lily Allen
2007年初Live ということで、恵比寿リキッドルームで Lily Allen を観てきました。
J-WAVEでよくかかっていた”Smile” くらいしか聴いたことがなかったので、どんなものかと
ホールサイドで1杯飲みながら肩の力をぬいて観ていましたが、外人の方も多く、
けっこう盛り上がっていました。
シド・ヴィシャスばりの金髪パンクの外人お兄さんが、Live中パンクノリで聴いていたのも
観ていて面白かった!
”UKの生意気小娘” はそのままの印象でしたが(笑)、歌はかなりうまいです。
編成もギター、ベース、キーボード、ドラム、ホーン×3というライブハウスにしては豪華編成。
ホーンが入ると派手でいいですね。
そのホーンの3人のお兄さんが素人の学生さんぽくて、またよかったです。
c0056475_1626991.jpg
          ズンチャ ズンチャ というスカのようなリズムが心地よかった夜でした。
[PR]
# by koganechang | 2007-01-12 23:58 | music