上野の桜
c0056475_20341910.jpg
かなり前の話でなんなんですが、桜が満開の休日、上野に行って参りました。
駅から上野公園にかけて人、人、人!
でも、こんな”ザ・花見”というような場所に来たのは数年前の新宿御苑以来久しぶり。
なんだかワクワクしてしまいました。

今回の目的は”桜”というよりも、職場で招待券を頂いた 『オルセー美術館展』
土日は凄い人との情報だったので躊躇していましたが、けっこうじっくり見れました。

わたしが一番気になった絵は、ポール・セリュジェ『護符』
まったく予備知識を持っていない画家で小さめな抽象画のような風景画のような絵でしたが、
今回観た中で一番印象に残り、一番好きな絵でした。
なんと偶然にもオットもこの絵が一番気になったらしい。ムムッ

c0056475_2056279.jpg

[PR]
# by koganechang | 2007-04-01 23:34 | 日々の出来事
J開幕
c0056475_22273152.gif
2月25日のとの練習試合を観て以来、少々不安の残るままに迎えた開幕。
ジャーンも宮沢も戸田もいないのか。
その代わり、ジュビロにいたときはかなり憎たらしい存在だった
福西が加入。
ボールも落ち着き、味方にいるとかなり頼もしい選手です。

99年のJ2昇格以来、開幕戦で初めての黒星とか
いろいろいわれていますが、昨年までの東京は
開幕戦、華々しく勝ってその後は・・・というのが今までの
パターンなので、黒星スタートっていうのが
逆に期待が持てますね(笑)
動きも悪くなかったので、次の試合に期待します。

待ちに待ったサッカーシーズン到来!
早く 博実ジャンプ&ワンチョペ が見たいです。
[PR]
# by koganechang | 2007-03-03 22:30 | football
Salyu
渋谷CCLemonホールに行ってきました。
この、元”渋谷公会堂”に足を運ぶのはかれこれ10年ぶり。
当時大好きだった、あのPRIMAL SCREAMを観たのが渋公だったような。

Salyuは前から気になっていたアーティストのひとりでしたが、映画とのタイアップなどもあり、
今ではかなりメジャーになってしまいました。
会場には20代前半の女性が多かったです。

スクリーンに映像を流して、曲とコラボするような内容だったのですが、その映像が懲りすぎていて
逆に楽曲の邪魔をしているように感じてしまったのが残念。
アンコールはシンプルな構成だったので、曲がストレートに入ってきましたもん。
あと、彼女の声量・スケールにはホールが小さかったような気がします。
開放的な日比谷野外音楽堂なんかでやったらハマるんじゃないかなぁ。
[PR]
# by koganechang | 2007-02-26 23:53 | music
洗足池の建築事務所
昨年、なんともウラヤマシイ ”5週間、世界の建築巡礼ハネムーン” を体験された
オットの大学時代の友人とその奥様が独立し、念願の事務所を構えたという事で
オープンパーティへ行って参りました。
c0056475_23114822.jpg

c0056475_23204289.jpg
五反田からのどかな3両編成の池上線に
ゆられ、洗足池へ。
みんなの集まる時間より少し早めに到着し
ボートに乗る、というのは予定通りの
作戦です。
手漕ぎ、足漕ぎ、スワンと、なんでも
揃っていましたが、久々に足漕ぎに挑戦。
お天気がよく、気持ちよかった!
水辺はやっぱりいいですね。



ふたりの事務所は古い木造2階建ての1階部分。1階といっても通りから少し階段を下りるので
半地下のようなところ。
以前の借主がデザイン事務所ということで、棚やデスクはそのまま使える状態で貸してもらったのだとか。
駅近にもかかわらず、築年数が古いこともあり家賃は格安。壁の塗り替えなどはもちろん自分達で。
なかなかいい雰囲気の二間。二人で事務所をスタートさせるにはちょうどよい環境でした。

仕事が軌道に乗るまでは色々大変だと思いますが、まずは1年、3年、10年・・・
と、コツコツふたりの方向を築いていって欲しいものです。

みんなで飲みながら楽しくおしゃべりしてたら、15時からのパーティが気がついたら23時過ぎ・・・
いつまでも刺激しあう仲間は大切です。
[PR]
# by koganechang | 2007-02-11 23:07 | 日々の出来事
マリー・アントワネット
ソフィア・コッポラ監督の作品を観るのは1999年、デビュー作である 『ヴァージン・スーサイズ』 に続き、
2作目。
主役、マリーアントワネット役のキルスティン・ダンストは『ヴァージン~』にも出演しています。
内容はともかく(!)、あのガーリーな世界観についつい惹かれてしまうんですよね。
そんな彼女があの歴史上の人物をどう描くのか興味深々で観にいってきました。

マリー・アントワネットの深い知識はありませんが、映画を観ながら同時に ”ベル薔薇” の記憶
をたどっていました。
映画では描かれていませんが、最後は確か、群集の前で処刑されたと思いますが、
アニメで、処刑台に上がる前に髪が急に真っ白になるというシーンがあったと思います。
コドモながらに衝撃的だったのを覚えています。

撮影を許可されたベルサイユ宮殿の建物、衣装、髪型、スイーツ・・・
まさにソフィア・コッポラらしい、ポップなマリー・アントワネットでした。
c0056475_0105816.jpg

★★★☆☆


ちなみに最近の我が家では、ゲップをしたら、「失礼」 と言う代わりに
「デュ・バリー夫人!」 と言うのが流行中(笑)
[PR]
# by koganechang | 2007-02-07 00:11 | movies