夢中になっちょるキニ
c0056475_20374383.jpg
ただ今、3巻に突入。竜馬、ついに脱藩!
今更でお恥ずかしいのですが、夢中です。みなさんは読みましたか?
(ちなみに現在の職場の上司はちょうど1年前くらいに読み終えたそうです)

我が家の本棚にはわたしが持っていた本とオットが持っていた本が混ざって並べられています。
そのため、サガン『悲しみよ こんにちは』太宰 治などの有名どころの文庫は
2冊あったり。
読んだことのない本も多く、何冊かは既に読みましたが、そんな本の中で気になっていたけど
なかなか手を伸ばせなかった本がこの 『竜馬がゆく』

歴史に疎ーいわたし。なんとなく敬遠してました。
おまけになぜか1巻が行方不明。これじゃ始まりません。
そんなわたしがなぜかふと無性に読みたくなり、古本屋で1巻を購入して読み始めたと思ったら
すっかりハマってしまいました。

司馬遼太郎は凄いです。

膨大な資料と自らの脚で調べ上げて書いていると思うのですが、文章を読んでいると
歴史に疎いわたし(2回目)でも光景が目に浮かびます。
はぁ~わたしもこんな魅力的な竜馬という人間に一度会ってみたかったなぁ。。。なんて
思いにふけってしまったり。
影響されやすいわたしは早くも土佐行計画中(笑)

これだけあるので、しばらくは司馬遼太郎ワールドにどっぷり浸れそうです。

c0056475_20423580.jpg






先日、古本屋でセットで買ってしまいました。
司馬ワールドの次は吉川英治ワールド
わたしを待ってます。
こちらもまた楽しみ・・・フフフッ
[PR]
# by koganechang | 2007-05-22 20:38 | 日々の出来事
旧SAVOY
c0056475_010583.jpg
心身ともに寒かった多摩川クラシコの帰り道、中目黒のSAVOYへ。
この店は東京一美味しい!?ナポリピザの有名店。
ピザの中でもナポリピザが一番!のわたしはこの店の存在を雑誌で知って以来、何年も前から
ずっと行ってみたかったお店。
そんなに遠くないはずなのですが、なかなか機会が訪れず・・・やっと念願が叶いました!

ピザの種類はマルゲリータとトマトソースにガーリックスライスが乗っているマリナーラの2種類のみ。
勿論、どちらもオーダー。
石窯で焼かれたピザはもっちもちで香ばしい!なによりこの塩味の効いた生地が美味しい!!
オリーブオイルがけっこうかかっているのですが、まったくしつこくありません。
とろけたモッツァレラチーズもおいし~!
にんにく好きのわたしですが、この2種ではマルゲリータに軍配!
一人で2枚はぺろりといけちゃいますね。
難点は生ビールがなく、小瓶ビールが高いこと(笑)
それでもたまに食べたくなるなぁあのピザは。さくっと食べてチョコッと飲む感じのお店です。
c0056475_0315878.jpg
”旧イタリア大使館夏季別荘””旧猪股邸住宅”に引き続きタイトルを ”旧SAVOY”としたのは、
最近店名が ”聖林館” に変わり、6月からはお店も道を挟んで向かいにお引越しするそうです。
(ちなみに電話番号は変わりません)
[PR]
# by koganechang | 2007-05-14 00:49 | 日々のおいしい
旧猪股邸住宅
c0056475_12104788.jpg
お天気のよいG.W.後半のある日、実家に帰る途中、成城5丁目にある旧猪股邸へ立ち寄りました。
小田急線 成城学園の駅から徒歩5,6分の住宅街にあります。
この住宅は現代数奇屋建築の巨匠、吉田 五十八(よしだ いそや)設計の木造平屋建て。
施工はこれまた有名な水澤工務店が行ない、昭和42年8月に竣工。

敷地はなんと600坪!建物の面積は100坪!!というなんとも贅沢なお宅。
H10年にご家族が世田谷区へ寄贈され、現在は一般に公開されています。(しかも無料!)

案内の方の説明によると、ご主人である猪股氏は今でいうところの経営コンサルティング会社を始め、
会社がみるみる大きくなり、60歳にして隠居をする場所としてこの家を建てられたそうです。
この敷地600坪の邸宅にご夫妻、お手伝いの方、庭師など4人で暮らしていたのだとか。

c0056475_12112141.jpg
大小のお茶室と中庭が2つ。そして20畳の居間からまるで絵画を観るように広がる庭。
この居間はお茶を楽しみにいらしたお客様方が茶室に向かう前にくつろぐサロンとして使われて
いたそうです。

c0056475_12203314.jpg                                                                 

                                                          手入れの行き届いた広い庭には40種類以上の草木が植えられており、常にお花が楽しめるようです。
もみじも多く植えられており、きっと紅葉の時期もきれいなんだろうなぁ
雪見障子からみる銀世界のお庭もきっと・・・
季節が変わる毎に訪れたい素敵な場所です。


余談ですが、高校の頃くらいから成城に行くと必ずといっていいほど所ジョージさんに遭遇します(笑)
この日もクラッシックなオープンカーでカッコよく成城の街を走っていました。
[PR]
# by koganechang | 2007-05-12 12:12 | architecture
旧イタリア大使館夏季別荘
c0056475_2355557.jpg
オットが以前から行きたがっていた、中禅寺湖畔にある アントニン・レーモンド 設計で昭和3年に建てられた 旧イタリア大使館夏季別荘へ。

c0056475_23251194.jpg
平成10年に栃木県が買い取り、痛みがひどかったため11年に改修し、現在一般に公開されています。
内外の壁や天井に使われているのはなんと杉の皮。圧巻です。
外観のきれいな市松模様は京都の桂離宮の影響なのかな?






c0056475_23271944.jpg                                                                                                                                         












                                                                                                                     目の前には中禅寺湖が広がり、お隣にはまだ現役の英国大使館別荘が。
こんな別荘で避暑をしながらのんびり夏休みを過ごしてみたいとため息なのでした。
[PR]
# by koganechang | 2007-05-01 23:19 | architecture
2007GW 日光キャンプ
c0056475_203281.jpg
今年も待ちに待ったキャンプに行ってきました!
1泊という事もあり、近場で2度目の訪問の日光中禅寺湖畔にある ”菖蒲ヶ浜キャンプ場” へ。

c0056475_20211652.jpg
お天気にも恵まれ、まさにキャンプ日和。
テントの設営も3度目となり、かなり手馴れてきたわたし達。
かなり時間も短縮されてきました。
テントを買って初めて訪れたキャンプ場は確かこの菖蒲ヶ浜。
回りが次々とテントを設営し、ご飯の準備を進める中、二人で時に険悪な雰囲気になりながらも四苦八苦して建てた思い出が。(笑)



c0056475_20224186.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                   


                       


            目の前に広がる中禅寺湖。
            映ってませんが左手には雄大な男体山がそびえる
            最高のロケーションです。(オット)


c0056475_2030168.jpg
夕焼けの中でのバーベキューとビールもまた格別!
お肉はもちろんですが、焼き空豆さざえは外せません。

でもやっぱり朝晩は冷え込みます。なんとこの辺り、わたし達が訪れた頃は桜もまだ咲いていないとのこと。
前の日には水道が凍ってしまい、朝から管理人の方たちは大慌てだったそうです。
昼間は風がなかり強く、お隣さんのテントが飛びそうでドキドキでした。

c0056475_2034215.jpg


少しずつ買い揃えているキャンプ道具。
今回のキャンプからはホワイトガソリンの
この ランタン が加わりました!
電池のランタンと違ってとても明るいし、
なんといってもこの温かみのある光が
いいのです。




                    次はいよいよダッチオーブンデビューかな?!
[PR]
# by koganechang | 2007-04-30 23:18 | travel