カテゴリ:music( 13 )
SUNSET BOSSA
前日までの猛暑が嘘のような、つかの間の過ごしやすい一日。
久々に銀座をブラブラしてから、日比谷公園へ。
数ヶ月前から楽しみにしていた、日比谷野外音楽堂での小野リサさんのLIVEへ。
しかも、今夜は生誕80周年を記念しての ”Tribute to Antonio Carlos Jobim”
スペシャルなライヴなのです!

ギターは彼の息子であるパウロ・ジョビンが、ピアノではそのまた息子のダニエルが参加。
無口で渋~いパウロに対して、おしゃべりでユニークなダニエル。
カルロス・ジョビンはピアニストで、一緒に演奏したくて息子をギタリストにし、
ギタリストになった息子パウロはこれまた息子と一緒に演奏したくて自分の息子ダニエルを
ピアニストにしたのだとか。
ステキな音楽一家ですね・・・

なによりよかったのはみんな楽しんで演奏している事。
スペシャルゲストのカルロス・ジョビンと親交の深かったミウシャの歌声もよかったなぁ
そして、観ているわたしをふくめ、大人たちみな、ボサノバを楽しんでいました。
小野リサさんのやさしい歌声と笑顔に癒されましたよ。

『美味しい水』 『イパネマの娘』 などなどオーソドックスなボサノバを真夏の夜に大都会の真ん中の
緑の中の野外会場でたっぷりと堪能した、贅沢な夜でした。

c0056475_20474557.jpg

またもやチケット運がよく、かなりイイ席だったのでした。フフッ
このLIVEの模様は9月8日(土) 後11:30~1:00 NHK-BSで放送されるそうです。
[PR]
by koganechang | 2007-08-18 23:58 | music
Salyu
渋谷CCLemonホールに行ってきました。
この、元”渋谷公会堂”に足を運ぶのはかれこれ10年ぶり。
当時大好きだった、あのPRIMAL SCREAMを観たのが渋公だったような。

Salyuは前から気になっていたアーティストのひとりでしたが、映画とのタイアップなどもあり、
今ではかなりメジャーになってしまいました。
会場には20代前半の女性が多かったです。

スクリーンに映像を流して、曲とコラボするような内容だったのですが、その映像が懲りすぎていて
逆に楽曲の邪魔をしているように感じてしまったのが残念。
アンコールはシンプルな構成だったので、曲がストレートに入ってきましたもん。
あと、彼女の声量・スケールにはホールが小さかったような気がします。
開放的な日比谷野外音楽堂なんかでやったらハマるんじゃないかなぁ。
[PR]
by koganechang | 2007-02-26 23:53 | music
Lily Allen
2007年初Live ということで、恵比寿リキッドルームで Lily Allen を観てきました。
J-WAVEでよくかかっていた”Smile” くらいしか聴いたことがなかったので、どんなものかと
ホールサイドで1杯飲みながら肩の力をぬいて観ていましたが、外人の方も多く、
けっこう盛り上がっていました。
シド・ヴィシャスばりの金髪パンクの外人お兄さんが、Live中パンクノリで聴いていたのも
観ていて面白かった!
”UKの生意気小娘” はそのままの印象でしたが(笑)、歌はかなりうまいです。
編成もギター、ベース、キーボード、ドラム、ホーン×3というライブハウスにしては豪華編成。
ホーンが入ると派手でいいですね。
そのホーンの3人のお兄さんが素人の学生さんぽくて、またよかったです。
c0056475_1626991.jpg
          ズンチャ ズンチャ というスカのようなリズムが心地よかった夜でした。
[PR]
by koganechang | 2007-01-12 23:58 | music
U2 12.4
12月4日はわたしにとって間違いなく、史上最高のLIVEを体感した日となりました。
はぁ~~今思い出しても夢だったのでは?!と思ってしまうほど楽しい一日でした。
この日ばかりは会社をお休みして、オットと二人臨戦態勢で挑みました。
既に11.29を200レベルから観た後だけにアリーナでのライブの期待で朝からワクワク。
15時前にはスーパーアリーナに駆けつけました(笑)

c0056475_20482221.jpgそしてわたし達夫婦憧れの、あの世界のボーノと対面!!!
残念ながらサインはもらえませんでしたが、握手!!!
遠くの方で、アイルランド代表のユニフォームを着た
外人ファンがボーノに向けて
『You'll Never Walk Alone』
を歌いだしたので、わたし達二人も合わせて大合唱!
他のファンの方々はU2の歌ではないので???
な感じでしたが、きっとわたし達の歌声は
ボーノに届いたはず。フフフ
ボーノの手は外人特有の分厚くでがっしりた
暖かい手でした。キャーーーーーーーーーーー☆取り乱しました。
一瞬の出来事でしたが、二人して感動して、
しばらく膝がガクガク震えましたよ(笑)

←わたしと握手直前のボーノ!


c0056475_2130387.jpgラッキーな事に、この日のチケットは
Aゾーンのとても早い番号。
荷物を全部預け、29日に購入した
”ベッタベタなU2Tシャツ”
一枚に着替え、いざアリーナへ。
花道がある広ーいアリーナですが、なんとほぼ中央の最前列を確保。
ギュウギュウ押されるのを覚悟の上。
ミッシェル、サンボと数々の激しいライブは体験済みなので慣れっこです。
(ライブが始まったとたん身動き取れないくらい押され、とたんに酸欠者が運ばれていました。)

あの憧れのU2を今まで観てきたどんなライヴより近くで体感してしまった!!!
観ている間中、感動。
どうかこの時間が終わりませんように、と本気で願っていました。
ライブハウスの熱気とLEDの豪華セットの大迫力とを両方楽しめた今回のライブ。
豆粒のようにしか観えなかった今までの外国人アーティストのスタジアムライブとは違って、
他の席の人たちも十分楽しめたライブだったと思います。

余談ですが、公演の中で、ボーノが日本公演の合間に安藤忠雄の光の教会
見に行ったと話していました。
この日の公演を安藤氏も観ていたそうです。
ボーノから建築家の名前が出るとはちょっと意外な感じもしましたが、さすが”世界の安藤”ですね。
c0056475_2124437.jpg

はぁ~こうやってblogをアップしている今も思い出して感動にひたっています。
3回公演のうち、2回観にいくことが出来ましたが、全部行けばよかったと少々後悔。
いや~彼ら4人はほんとにカッコイイ! 
オットにはいつも静かに微笑んでいるアダムみたいな余裕のある大人のオトコになってもらいたい
ものですね・・・(笑)
彼らの放つ音楽、メッセージにこれからもずっとずっと惹きつけられそうです。

hottokenai.jp
c0056475_21441143.jpg

c0056475_2112596.jpg
              彼ら4人のサインと同じフラッグにわたし達二人もサイン!
[PR]
by koganechang | 2006-12-09 20:48 | music
U2 11.29
c0056475_2075198.jpg

この日を待ちに待ちました!
わたしにとっては ”ZOO TV Tour” 以来の十数年振り、オットに関しては高校生 中学生の時からの
夢だったらしい(笑)U2のLIVE。

ボーノはかっこよくてセクシーでしびれました。
今日の席はスタンドでしたが、12.4 はベッタべタのU2Tシャツ着て、ステージ前の
アノ中に入ってきます! ヒヒヒッ

ボーノに見つけられて、わたしもステージに上がりたい☆
[PR]
by koganechang | 2006-11-29 23:11 | music
おまけ大好き
c0056475_21151114.jpgおうちに帰ってもPCを立ち上げる事さえ
しない日が続いていました。
そんなに忙しいわけではないんですけど
(笑)
なんだか現在、我が家はテレビモードです。
夜9時からのMXTVでの懐かしのアニメ
(ベルバラ、キャッツアイなどなど)
にハマってます(笑)
おまけに今は職場で一切プライベートな
ネット閲覧をしない為、かなり情報不足なわたし。


でも、ちゃんとこの方の話題になっているこのCDは発売されて早々、入手。
新譜を楽しみにしているアーティストの一人です。
数年前に武道館公演も観にいっていますが、そのときのステージは最高に楽しんだ覚えがあります。

c0056475_21164136.jpg







コレが噂のおまけシール。
このシールも4種類あるのだとか。
うーん、もったいなくって貼れない。
[PR]
by koganechang | 2006-10-18 21:17 | music
Cocco LIVE!
かなり更新をサボっておりましたが、残しておきたい夏の記憶をたどってみることとします。


c0056475_23251213.jpg
                         ボヤボヤ~デ スミマセン

待ちに待っていたU2のLIVEが延期になってしまった為、久々の生唄にワクワクしながら
これまたいつ以来?! の武道館へ。
しかも、今夜はなんと人生2回目の ”武道館アリーナ” ! チケットが届いた日から、
もしやかなりいい席か!? と、期待していた通りの前から5列目!!! ヤッホー
ど真ん中、とはいかなかったものの、なかなか いや、かなりの席。
※ここだけの話、うちのオットはチケット運がものすごくいいんです。これホンと。

仕事を少々残業してから駆けつけたため、開始10分前に席に着いてからというもの、もうドキドキ。
しかも、今回のLIVE、Cocco にとってもファンにとっても待ちに待った特別なLIVEなのです。
この場に居れるだけでもかなりの希少価値。

ステージ左端から現れたCocco
スタッフの人とハグしてる姿を見ただけで、なんだか感動してしまいました。
なんといっても彼女の歌いっぷりはカッコヨイ!
肩の荷がおりた素直で真っ直ぐな歌声は伸び伸びしていて気持ちよい!
MCで語った飾らない言葉にもジーンときてしまいました。
唄ってるときと話してるときのギャップがおもしろいな。。。とても魅力的。

彼女はこれからも目が離せないアーティストの一人です。


追伸: 彼女のLIVEに感化され、久々にカラオケに行ってCocco唄ってきました☆
                                       (もちろん振り真似つき)
[PR]
by koganechang | 2006-08-10 23:40 | music
DETOX LIVE
最近話題の ”デトックス”
わたしもたまにゲルマニウム温浴やホットヨガで ”解毒” していますが
昨日は サンボマスター でデトックス!
c0056475_14551771.jpg
恵比寿のリキッドルームではみんな バック・コートをロッカーにしまい込み
Tシャツにスニーカー、首にはタオル姿で臨戦態勢。
こういうLIVEは数年前のミッシェル以来だったのでちょっとドキドキしましたが
彼ら3人が登場するや否や熱気ムンムン押し合い圧し合い。
山口氏の語りもサイコー!
あのめがね姿とあの語りを生で聞けてウレシイ。
やっぱ世の中 ”愛と平和” LOVE&PEACE!!!

LIVE終了後は予想通り頭からTシャツからGパンからもーびっしょり。。。
ホットヨガ並みのデトックス効果あり。
体力が続く限り彼らの音楽を聴きに行きたいものです。

c0056475_14472633.jpg
                            タンバリンタンバリン
[PR]
by koganechang | 2006-03-28 15:00 | music
ショック・・・
c0056475_044443.jpg

楽しみにしていた4月4日の U2 公演がアーティスト側の都合で延期に・・・
メンバーの家族の病気が原因だとか。
はぁ~~~ものすごく楽しみにしていたのに・・・
かなりショックです。ションボリ
[PR]
by koganechang | 2006-03-11 00:06 | music
夜会
少々時間が経ってしまいましたが、念願だった 『夜会』 に行ってきました。
東京公演最終日の前日、2/23の公演を観ました。
チケットが手に入ることになってから、もー毎日ドキドキワクワクでこの日を待っていたのです。
もちろん観るのは初めてだし、めったに手に入らないチケットだし 少々大げさですが
もしかしたら一生に一回!? 観れたらラッキーな公演です。c0056475_1119114.jpg
はぁ~ほんとに ”みゆきの歌に手が届く” !!!
客層はとても幅広かったなぁ。
おじさまおばさま方から10代の若者まで。
小学生以下は入れません。
今年でVol.14。
なかには全部の公演観てる熱心でラッキーな人も
いるんだろうなぁ。うらやましい。
会場に入るとタイムスケジュールが張ってあり、見ると
20時開演で途中20分の休憩を挟み、終わるのが
22時30分。
まさに大人の夜会です。フフ

10年以上わたしの中でベールに包まれていた『夜会』
前の前の職場の方がミュージシャンとして参加していた為、
夜会という存在は初期の頃から知ってはいたものの
一体どんなの? とずっと気になっていたのでした。
その方は日本でも有数のミュージシャンで数々のスタジオワークやコンサートのバックを経験しているにもかかわらず
『夜会』には独特の緊張感がある、らしいのです。
その方は今回もキーボード&コンダクターとして参加されています。

観終わった感想はというと
中島みゆきはスゴイ! やっぱただもんじゃーなかった! っていうのが一番の感想。
動きながら、演技しながらマイクを持ってさらっと歌ってましたし
いくつなんだっけ?? っと思ってしまう動き。
すごくシリアスな演技をしたと思ったら茶目っ気のある少年になりきる・・・
正直、怖いくらいです。あの仮面は。マヤ!?
(ストーリーは少々難しくって理解するのにやっとでしたけど)
そしてそして後半のマジ歌(勝手に名づけました)は圧巻! もう目が離せないくらい引き込まれます。
観ててクワーーーーーーーッと熱くなりましたもん。

c0056475_11541489.jpg


コンサートでもない、ミュージカルでもない、ふつうの舞台でもない。
パンフレットに書いてありますが、本人曰く
『へんなコンサート』
貴重なものを観ることができました。
次回はぜひ、彼女の『ふつーのコンサート』も観てみたいものである。
[PR]
by koganechang | 2006-02-27 12:13 | music