ザ・銭湯
最近は暑い日が続いているので、おうちではシャワーばかり。
でも1週間の疲れを取るにはやっぱり湯船に浸かりたいなぁ と、いうことで
今夜は家から歩いて5分の銭湯へ行ってまいりました。
しかも一人で。(笑)
一人で銭湯に行ったのは、生まれてこのかた初めてかもしれません。

オットが四谷三丁目に住んでいた頃はよく二人で 神田川 ばりに銭湯に通っていました。
まさに歌詞のように私が先に待っていたこともあったっけ。(笑)
四谷三丁目付近の銭湯は2店制覇しました。
よく通っていたのは蓬莱湯。(もう1店は残念ながら廃業してしまったようです。サミシイ)
まさに、ザ・銭湯 というたたずまい。いい味出てます。
番台のおばあちゃんもかわいくていい雰囲気だったんです。
オットが一人で蓬莱湯に行ったときのことで、このおばあちゃんにまつわる凄いエピソードがあります。

いつものようにガラッと戸を開けて入ると番台のおばあちゃんがいらっしゃいませ~と迎えてくれて
お金を渡し、おつりを待っているのになかなか渡してもらえず、おばあちゃんをフト見ると
なんと、寝ていたそうです。。。
コンマ数秒の世界ですよ。
「あのーーー」と言うと、慌てて起きたそうです(笑)

今夜行った銭湯は改修していると思われ、そこまで古い造りではありませんでしたが
なかなかこちらもよかったです。
銭湯に行くと、必ずその銭湯の”主”のようなおばちゃんがいたりします。
道具も揃っていて動きもプロっぽいおばちゃん。
今日もいました!
銭湯なのにシャンプー・リンスはポンプタイプ。しかもマイ桶でした。
軽石で体をこすりまくっていました。

少し前にやはり近所にあるスーパー銭湯にも行ったのですが、人が多いし、コドモが走り回ってるし
なんだかわたしは落ち着きませんでした。
老婆に混じって入る近所の”ザ・銭湯”のほうがわたし好みです。
[PR]
by koganechang | 2006-07-30 23:57 | 日々の出来事
<< 七夕祭り フレッシュ☆ >>